[ロゴ]

'98春合宿だより in ユニトピア篠山

(「Voice of ぼいす」第32号より)
関 麻由美


上々のお天気に恵まれて……篠山へのドライブは順調!

 5月9日土曜日、この日は前日までのぐずついた天気が一転、おひさまがにこにこ笑っている上天気で、春合宿の始まりを祝福しているかのようでした。集合は午後2時、練習の開始時間は午後3時。いったい3時までに何人集まってるんだろう、松岡号 (シャチョーを乗せている) はいったい何時になったらやってくるだろう……と不安を抱えつつ、いずきちとごとちんを乗せたまゆみ号は中国道・舞鶴道をひた走っておりました。
 と、午後1時40分、やおら携帯が鳴る。運転中のため、ごとちんにとってもらうと北Jからで「もう着いてしまった」とのこと。おやおや、一番乗りを取られてしまったなぁ、と思いつつ「あとでね~」と冷たく電話を切るごとちん。その後も電話が鳴るたびにごとちんにとってもらっていたため、受話器の向こう側のみなさんのあせった顔が目に浮かぶようでした。どうもおさわがせしました。
 そんなこんなで午後2時過ぎ、無事にユニトピア篠山へ到着。松下電器(株)の施設でもあるここはたいへん美しい施設で、植物園やアスレチックコーナーもある、ゆっくり遊びたいなぁ、と思えるところです。われわれは練習に行ったのですが……。
 すでに待機していた合宿委員のやぎっちその他のみなさんと一緒に入り口付近で3時までの待ち時間をすごします。なんと驚いたことに、松岡号は3時前に無事到着、しかし手には楽譜ではなくお酒を抱えておられましたが……ねっ、シャチョー。
 少し遅れてついたゆきねえやじゅんこちゃん (2人は同じ電車だった) を迎えにいって帰ってくると、ちょうど練習が始まったところでした。

午後の練習~停電そして新館

 まずは、5月31日対策の「ホームソングメドレー」から始まった練習。合宿の最初にやるには縁起のよくない曲だ(!)とまゆみが密かに思っていたところ…… (そういえば、上窪家のりおちゃんはこの曲を聞いた途端、泣き出しましたっけ)
 突然、辺りが暗くなりました。キーボードの音は鳴らなくなりました。て……停電? そう、停電だったのです。それもブレーカーが落ちたとかではなく、本物の停電。
 訳がわからないままに、けなげに練習を続けるわたしたち。「北へ」をやり出す西牧さんですが、もう楽譜が見えない……
 結局、原因不明の停電は復旧の目処がたたず、新館に移る羽目になりました。バスにぎゅうぎゅうと詰め込まれ、ゆらゆら揺られてたどり着いた新館は「松下なんとかかんとかセンター」という、もろ社員用研修施設。「そうか、ここってパナ王国やったんかー」と感心することしきり。(実はたかぽんに頼めば、社員割引がきいたそうです。おそるべし、パナ)
 新たにあてがわれた練習室は、ハイテクのかぎりをつくした豪華部屋。練習そっちのけで機械にむらがる宇宙な人々。そっちに寄っていきそうな指揮者……
 が、しかし。今年のボイスは違うのです。誰もが「もう練習はなしで夕食やろ」と思っていたにもかかわらず、明るい電気のもと、再びブルッフに取り組むこと約20分。じゅうぶんにおなかを空かせてから、バーベキューコーナーへ突入することとなったのでした。

夕食と夜の練習~乾杯、そして略奪

 さて、夕食は最近春の合宿では恒例となったバーベキュー。新館から歩いてほんの3分程度の場所にバーベキューコーナーがあります。期待に満ちて、道を急ぐわれわれ。はまちゃんが「前もここ、ショートカットしましたわ~」と言いながら、急な坂道をよじのぼります。つられて山本Jr.が「ぼくも~」と言い出したため、とおるパパが苦労されてましたっけ。
 テーブルはそれぞれ5 or 6名のセッティング。どこに座るのがもっとも食いっぱぐれがないか(!)判断の難しいところです。何はともあれいただきます!
 みんな和気あいあいと食事を満喫しているのに、早くも次の行動を開始する人たちが……、そう、言わずと知れたダブル潤、西牧&北村。「俺んとこ、肉少ない。よこせ」って、そりゃぁ、あんたが食べたんでしょうが!まゆみが座っていたテーブルは、一同 (さとみ・はまちゃん・たかぽん・さやかちゃん) のつよ~い団結により、攻撃はすべて完璧に阻止できました。しかし、やぎっちは肉をとられてしまい、涙を浮かべていました。
 おなかがいっぱいになった後は、夜の練習。胃の中のお肉が落ち着くまでの間、みんな様々な行動をとっていました。中でも驚いたのは山本Jr.。練習室のパソコンの前に座り込み、マウスをいじっています。「ねえ、見て。ほら、イルカさん出たよ~」という姿はビル・ゲイツの幼き日々を彷彿とさせました。
 夜の練習は、ほぼ「子供と魔法」に終始しました。「算数」「樹」「こうもり」「とんぼ」を駆け足で終え、練習終了。明日の朝、帰ってしまう西牧さんから明日の練習の指示を受け、合宿委員のやぎっちからこの後の行動についての説明を受け、いよいよ長い夜の幕開けとあいなったわけです……

明日の練習のことは?……気にしない、気にしない!

 2名ずつに分かれて各部屋へ。「遊びの部屋は728号室ね」とやぎっち・かみやっちの承諾もとらずに決めてしまうわれわれ。
 やはりお風呂へ入っておかなくっちゃ、ということで、早々にお風呂へでかけたまゆみ他数名の女性の証言によると、かなり広めの美しい浴場で、なんとサウナまでついていましたそうな。サウナ (岩屋の代わりか?) の中には天照大御神さま (さとみ) が長いことこもりきっていたとか……。
 遅れて着いた中川さん、だいちゃん、ずっしーの部屋も無事に確保され、いよいよ長い夜のはじまり、はじまり。早々に寝付いたよいこのみなさんもおられたようですが、728号室では……。
 シャチョーのおみやげ「くり酒」が真っ先に封切られたのですが、これがキツイ! ぐびっといってしまったゆきねえ、すでにまわっています。やばいです。(以下、自粛) おまけにはまちゃんの手には泡盛が……それってねえ、むちゃくちゃきついんとちゃうの?そう言いながらもお酒はどんどん消えていきます。すごい勢いで……
 恒例の「新人さん、名前おぼえたかなクイズ」の被験者は、こんどうさん、だいちゃん、中川さん。その前にかみやっちのお手本があり (かなり正確でしたね、よいこよいこ)「じゃ、席替え~」をしてから、挑んでいただいたのですが、御三方ともかなり優秀。なぜか同じ人が何度も忘れられてたりしましたが……
 夜が更けるにつれ、アルコールがまわるにつれ、みんなのテンションはあがっていきます。時計が2時を過ぎる頃、おもむろに始まる大合唱。男声・混声なんでもござれ状態で歌いまくる姿は「さすが合唱団員」。(練習でもそれくらい歌ってほしい……)夜中にライチャリのハイHなんか出したらうるさいでしょ、ってそれはわたしか。
 そうしていくうちにも1人減り、2人減り、「そろそろ寝よかー」ということになったのは4時を過ぎていました。(しかし、やぎっちとかみやっちはなんとユニトピアを抜け出して三田のガストへお夜食を食べに行ったそうな。2人の帰りは5時過ぎだったらしい)

新しい朝が来た

 朝食は午前8時。爽やかに目覚めた人たち、アルコールが残ってる人たち、それぞれにわりと豪華な朝ご飯をいただき(何名かはお部屋でスリーピングタイムでしたが)、一日の始まりに備えます。館内放送で何度も繰り返される 「ロビーではたいへん美味しいコーヒーをご用意いたしております」との誘惑に足を止める人々も多数いましたっけ。
 朝の練習は午前9時はじまり……のはずでしたが、なんだか人が揃わない。揃わなくても始めてしまおう、とのことでまずは合宿恒例「ラジオ体操第一」から。(指導: はまちゃん、ピアノ: まゆみ)その後、西牧さんが作っておいてくれた「これがシアターピースだ!」(そんな題名はついていなかったかもしれない……) のビデオ鑑賞タイム。今までのシアターピースの中からハイライト・シーンを抜き出したものを楽しみました。一応、シアターピースとはどんなものかを知らない人のために、という教育的配慮から作られたことになっていますが、実はシャチョーのあられもないバレリーナ姿を見るためだったともいう……。
 1時間のビデオが終わったあとは少し休憩をしてから、い組ろ組に分かれての練習。前夜のお酒&寝不足のせいか、音がさがる、さがる。いちばん夜更かしだったはずのかみやっちは妙に爽やかでしたが。その後、さっちゃんによる「アメイジング・グレイス」内山さんによる「シェナンドゥ」を通して、合宿の練習はおしまいになりました。
 全員でてくてく歩いて、駐車場を目指します。途中、つり橋をわたったり、美しい並木道を抜けたりしながらゴール。入り口ではまちゃん持参のデジカメで記念写真を撮って、ひとまず解散。芦屋の練習にちゃんとくるんだよぉ……ということで、合宿は終わりを告げたのでした。