[ロゴ]

夏合宿レポート……?

(「Voice of ぼいす」第10号より)
関 麻由美


 小雨のぱらつく中、阪急芦屋川駅に集合。午後2時すぎには大半が揃うという、ボイスにしては破格に出席率の良い、好調なスタートを切った夏合宿。まずは、II stロパルツの特訓。「これ何て読むの?」「この曲、初見やねんけど…」などと、恐ろしい発言がそこかしこに聞かれる中、終曲を中心に(西牧さん曰く「終わり良ければすべて良し」)かなり丁寧に練習しました。夕食後はI stファリャの練習。また、この日の練習の合間をぬって、演出助手の浅井先生による「スサノオ」役付きのみなさんのための特別演技練習が、別室にて行われたのでした。(クシナダを演じるいとちんに特訓の様子をうかがったところ、「ぎゅうぎゅうとしぼられた」と、体を雑巾の様にひねりながら話してくれました。)
 練習の終了は午後9時。とは言え、そこであっさりお休みする人はほとんどいませんね。宿の人に見つからないように、こっそり持ち込んだ(ばれてるような気もするけど)アルコールほかで、しっかり盛り上がったのでした。(ちなみに、最終就寝時間は午前4時です…。)
 翌日、眠たい目をこすりこすり、午前8時朝食。9時からの練習はwithout西牧氏で、浅井先生による「スサノオ」。(おっと、その前に合宿恒例ラジオ体操第1と、金本氏による発声練習をしましたね。)中つ国にスサノオを送り出したところでお昼御飯。カレーライスとオレンジジュースを楽しんだ後は、三々五々山を下り、山手幼稚園へ。2時からの練習を前にマグロになっているところへ、福田社長からアイスの差し入れ☆少年少女の練習から戻ってきた西牧さんとピアニスト美和ちゃんを迎え、再び「スサノオ」。最後は1時間10分かけてIII stを通して幕となりました。
 前回に引き続き合宿のお世話をしてくれた合宿委員長のFれいこちゃん、副委員長の北村くん、お疲れ様でした。